Message

令和2年度活動方針

Exciting YEG

~未来へと夢をのせて~

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味を持つ令和の時代が幕を開けしましたが、我々を取り巻く経済環境は刻々と変化しています。 経済成長にブレーキがかかる中国、混迷するユーロ圏経済など世界経済に減速懸念のあるなか、消費税率引き上げ、人口減少、少子高齢化、地域経済の低迷など中小企業においては、特に人手不足が深刻な課題になっております。しかし、この夏には東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪・関西万博に加え、地元ではリニア中央新幹線新駅の奈良市付近への誘致など経済の期待値は高まっています。このなかで、我々は青年経済人としての機動性や柔軟性を存分に発揮し、自らが先陣を切る気概を持ち、地域活性化の起爆剤となる行動をとることが求められています。

 今年度、日本YEGの米良会長は、「The Roles and Wishes of YEG~5つの役割と願いを襷に込めて、希望溢れる未来へ大輪を結ぶ~」をスローガンに掲げられ、明るい未来への希望の種とするべく、YEGとしての役割と願いを今一度共有していきたいと考えられ、『全ては団結と連帯の名のもとに、今を刻む責任世代として未来へ Let it Roll!!!』を謳っておられます。
 また、近畿ブロックYEGの松本会長は、「~稽古照今~近畿7つの大きな輪が結集し、今を生きるYEGとして次代へ襷を繋げよう」をスローガンに掲げ、近畿ブロック2府5県の7つの大きな輪が一つとなり、情報の発信・交換・共有を行い、交流と研鑽に努め、結束力と連携を深め、地域の活性化を担うYEGとしての責務を忘れずに行動していくことを目指しておられます。
 今年度は、奈良YEGから日本YEG委員長、近畿ブロックYEGでは専務理事および委員長を輩出する年度でもあります。この機会を最大限に活かして、令和3年度第19回全国サッカー大会開催、令和8年度日本YEG全国大会誘致に向けて、各連合会とさらに連帯を密にしてまいりたいと考えております。
 
令和元年度に策定した中期ビジョンに基づきそのビジョンを具現化するための方策を立て実行していくことが重要であると認識しております。昨年度は、地域未来プロジェクト~ならism~を開催し「奈良という地域の未来を考え、また、それを担う人々を増やしたい」という目的で事業を行いました。この想いを引き継ぎ、今年度は奈良の付加価値を創出する【これからの奈良のあり方】をキーワードに、より奈良を深く考えたExcitingする事業を行い、奈良創生・なら奈良まつり・政策提言・ビジネスの多様性(外国人、学生)をテーマにした事業を中心に活動したいと考えております。また、メンバーが一人ひとり質を高め、他人ごとではなく主体性を持って行動する必要があり、それだけでなく発信者を増やすためにも会員拡大がより重要となります。そして、奈良YEGの活動をより一層内外に発信していくことも念頭に諸活動に取り組んでまいります。
中期ビジョンの実現こそが全国サッカー大会開催の成功、日本YEG全国大会の誘致に繋がり、奈良の発展に貢献していくと考えております。
 そこで、今年度のスローガンとして「Exciting YEG~未来へと夢をのせて~」を掲げます。全メンバーがExcitingし心躍る、夢のある未来に繋げることを目指して活動してまいります。

 昨年度の森本会長が掲げたスローガン「炎の時、燃えよYEG!」のもと活動してきた“炎の時”が終わることなく、地域の発展、自企業の発展へと繋げていく活動、成果をしっかりと継承してまいります。親会、行政の皆さまと共に夢のある未来を創る団体として“どきどき、わくわく”活動していきましょう。
 1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年度 奈良商工会議所青年部 会長
植原 賢治

奈良商工会議所青年部 会長 プロフィール

氏名
植原 賢治
会社名
UK工業㈱
YEG経歴
〇 入会年月   平成23年7月(平成23年度入会)

〇 YEG経歴  平成27年度 理事(経営力向上委員長)
          平成28年度 理事(チャレンジ交流委員長)
          平成29年度 副会長
         平成30年度 専務理事
         令和 元年度 日本YEG代表理事及び
日本YEG専門委員(研修委員会)